■ 沿革

明治 30年 6月 亀戸尋常小学校創立(現在の亀戸駅前公園のところ)
  44年 第一亀戸尋常高等小学校と校名が変わる(女子校、男子は第二亀戸尋常高等小学校へ)
大正 12年 9月 学制発布50周年を祝う 関東大震災の被災者の一時収容場所として校舎を使用する
昭和  7年 市立第一亀戸小学校と校名が変わる
  20年 3月 戦争により校舎が全焼する 創立50周年
  22年 2月 現在の場所に新しく校舎ができる 江東区立第一亀戸小学校と名前を変える
  26年 4月 第二亀戸小学校が新しくでき、児童が分離する
  31年 6月 現在の校歌ができる
  33年 「ぶんせん」を創刊する
  35年11月 水神小学校が新しくでき、児童が分離する
  37年 8月 プールができる
  38年 2月 屋内体育館ができる
  45年 3月 第一亀戸幼稚園が開園する
  56年 4月 亀島小が新しくでき、児童が分離する
平成  4年 2月 全国保健体育優良校として文部省から表彰
   8年 校舎落成を祝う 第一回岩井臨海学校始まる
   9年 10月 創立100周年を祝う
  14年 3月 第一亀戸小学校と亀島小学校が統合する
  22年 4月 江東きっずクラブ一亀 開設
  23年 3月 東京都体力向上推進優秀校として表彰
  27年 3月 校舎増築工事完了
  29年 特別支援教室「ひまわり教室」開設 学校支援地域本部設立 開校120周年記念式典挙行

 

更新日:2018年08月16日 14:32:18